オンラインカジノとは?初心に戻りオンラインカジノについて調べてみた

オンラインカジノとは? 初心に戻りオンラインカジノについて調べてみました。 今まで色々なカジノサイトやボーナス、特典等の記事について書いてきましたが、ここはひとつ初心に戻り、オンラインカジノの歴史から運営システム等を調べてみました。 すると意外なことがわかってきましたよ♪ オンラインカジノの歴史とは 今では普通にインターネットが普及していますし、スマートフォンも誰もが持っている時代です。 ですがふと考えてみてください。 今から20年前はスマートフォンはなかったですし、ガラケーと呼ばれる携帯電話を皆さん使っていました。 その後10年ほどかけて目まぐるしくIT業界が躍進。 スマホでいえばやはりAppleのIphoneは革新的でした。 今では普通にオンラインカジノをプレーしている人も、今から始めたいという人も、オンラインカジノはいつ頃から始まり広まっていってのか気になる方は多いと思います。 今や世界中でエンターテイメントとして楽しまれているオンラインカジノは、どのように始まり広まっていったのでしょうか。 オンラインカジノの歴史は、世界にインターネットが普及され始めた1960年代から約30年後となる1994年にさかのぼるそうです。 実に最近ですよね! カリブ海に浮かぶイギリス連邦加盟国である「アンティグア・パーブーダ」という小さな国で、世界初となるオンラインカジノ運営ライセンスを発行する法律が可決されました。 それがオンラインカジノの始まりと言われているそうです。 今が2020年なのでまだ26年しかたっていないんですね! 1994年以降の今もなお、この「アンティグア・パーブーダ」で発行されるオンラインカジノ運営ライセンスの信頼度は高く、有名な運営ライセンス発行国(政府)であるマルタ共和国やジブラルタル、マン島などと並んで人気の高いライセンス発行国になります。 オンラインカジノの歴史は浅く、まだまだこれからも発展が期待されるジャンルになりますね! オンラインカジノの運営システム 前項でも書きましたが、このライセンスというのがオンラインカジノでは重要になってきます。 ライセンスがないオンラインカジノでは絶対に遊ばないように注意してください! ではオンラインカジノの運営システムはどのようになっているのかを見ていきましょう、 オンラインカジノの運営システムは大きく5つに分けられます。 ・プレイヤー オンラインカジノをプレイする、私たちのことです。 頑張って勝ちましょう! ・運営会社(カジノサイト運営会社) オンラインカジノを運営している企業です。 現在カジノサイト自体は2000以上もあると言われており、そのすべてが運営会社の主導のもとサイト運営を行っています。 プレイヤーからお金を受け取り、オンラインカジノゲームをはじめとする様々なサービスをプレイヤーに提供します。 プレイヤーが勝てばお金を支払うことになりますが、負ければその分は売り上げになります。 ・決済会社(入出金担当) 運営会社と契約し、運営会社とプレイヤー間のお金のやりとりを仲介する会社です。 要するに、カジノサイトで買った分の配当は直接カジノサイトから払われるのではなく、この決済会社を通して払われることになります。 ・ソフトウェア会社(ゲーム作成・提供担当) 運営会社と契約し、ソフトウェア(オンラインカジノのゲームシステム)を提供する会社です。 カジノサイトに沢山あるスロットゲームなどはこういったソフトウエア会社が開発しています。 ・政府・監査機関(ライセンス発行機関) オンラインカジノの運営会社が公平な運営を行っているかを審査する機関です。 政府は運営許可としてライセンスを発行。 監査機関は運営開始後、定期的に公平性をチェックするための組織です。 以上のように5つが独立しており、オンラインカジノが成り立っています。 オンラインカジノ、最初のカジノサイトは? ここまでくるとどのカジノサイトが世界で一番最初に出来たのか気になりますよね。 […]

IR候補地について調べてみました。今後の日本のカジノ候補地とは

いよいよ日本のカジノ解禁が近づく中、一体「どこにカジノができるのか」が気になっている方も多いのではないでしょうか。 そんな気になるIR候補地ですが、それぞれ違った特徴を持っています。 ココでは、カジノ誘致に名乗りを上げている自治体や注目の有力候補地について紹介していきたいと思います。 IR候補地はいつ決まるの? 「いつ候補地が決まるのか」については、現在国が発表している基本方針案によると候補地が正式決定するのは2022年頃になる予定とされています。 今後IR誘致に挑む自治体は2021年1月4日から7月30日の間に国に申請を行う必要があります。 そして国は申請を行った自治体の中から最大3箇所を選び、2021年後半~2022年頃に正式にIR候補地として認定する、というスケジュールとなっています。 現在のIR候補地はどこ? ココでは、IR誘致を表明している7つをそれぞれ詳しく紹介していきます。 現在のIR候補地:1.大阪夢洲(ゆめしま) 夢洲は大阪湾にある人工島です。 夢洲への交通手段は現在自動車に限られており、歩いて渡るコトもできず、大阪府民からも忘れられた土地となっていました。 元々夢洲は2008年の五輪誘致の際、競技場や選手村、後に選手の住宅地として利用する計画でしたが、誘致は失敗に終わってしまい100ヘクタールを超える広大な土地の活用法が決まらないままでした。 しかし2025年の万博開催が決定し、IRの有力候補地ともなっている現在は、負の遺産から一転、関西経済の起爆剤となりうるのではないかと期待されているのです。 現在のIR候補地:2.神奈川山下ふ頭 「山下ふ頭」は、1963年、外資のためのふ頭として建設された埋め立て地です。 高度経済成長期には主力ふ頭として横浜港を支え続けてきましたが、近年は物流の拠点が別のふ頭に移行してしまいました。 観光・商業・MICEとしての再開発が検討され始めたことから、IRの候補地として挙げられるようになったという経緯があります。 しかし、山下ふ頭は現在も横浜のシンボルとして地元住民や観光客に親しまれているのでカジノを含む再開発に対する地元企業団体や住民からの反発は根強く残っているのが現状です。 現在のIR候補地:3.長崎ハウステンボス 佐世保市にある「ハウステンボス」は、ヨーロッパ各地をテーマにしたアトラクションを提供するテーマパークで、総敷地面積はナント!東京ディズニーリゾートの約1.5倍にものぼります。 一度は業績不振により経営の危機に陥ったものの、2010年にH.I.S.会長の澤田秀雄氏が社長に就任して以降に発表された斬新なアトラクションやイベントの数々がヒットし、現在も黒字経営が続いています。 候補地の中でも基盤となる場所の集客力ではトップクラスと言えるでしょう。 2019年4月には、ハウステンボスの一部をIR整備候補地とする方向で、県・市・ハウステンボスの3者が基本合意となりました。 現在のIR候補地:4.和歌山マリーナシティ 和歌山は昔からカジノ誘致に最も積極的な自治体の1つで、2004年からカジノ誘致に取り組んできました。 最有力とも言われる大阪と立地が近いので、どうしても陰に隠れてしまいがちなのが現状なのです。 そこで和歌山は「IRが近隣に2つ存在する」コトによる相乗効果を狙って、大阪と合わせたIR誘致を狙っていく方針です。 2つのIRが近隣にあるコトによるメリットはシンガポールなどで前例が示されており、業界の間でも有力候補に数えられるコトもあり、今後の動向が見逃せない自治体の一つです。 現在のIR候補地:5.愛知県常滑市 愛知県では、現在県と市が別々の箇所への誘致を表明しているという状態になっています。 愛知県は常滑市の中部国際空港(セントレア)島への誘致を検討しており、2019年に開業予定の国際展示場との相乗効果を目指しています。 積極的な姿勢を見せているのは主に常滑商工会議所で、県が常滑への誘致を掲げる背景には、かつてりんくう常滑駅を中心にしたIR構想の中断を余儀なくされた常滑商工会議所によって要望が提出されたという経緯があります。 IR誘致のための有識者研究会による調査や、IR整備費用やギャンブル依存症対策費用を予算として計上し、一方で、知事選にて3選を果たした大村知事は公約にIR誘致を出さないなど、現在は比較的慎重な姿勢を保っています。 現在のIR候補地:6.愛知県名古屋市 愛知県と名古屋市は、県内へのIR誘致を巡るライバル関係が続いています。 県が中部国際空港島へ誘致を働き掛けるのに対して、名古屋市は市内への誘致を主張しており、お互いに譲る姿勢はない様子ですね。 名古屋市の河村たかし市長は、現在は候補地を名古屋市中心部、名古屋港周辺に絞って検討しています。 具体的には金城ふ頭周辺などを候補として挙げていますが、まだ候補地を絞り切れていない段階で、他の自治体と比べるとスタートが出遅れている感も否めません。 現在のIR候補地:7.東京都お台場 日本一の大都市である東京は当初、「お台場カジノ構想」を掲げて誘致に積極的でした。 しかし知事の交代や、会場候補地が売却されたコトなどから、計画は白紙状態になります。 そんな期間を経て、新たに臨海副都心の開発計画「東京ベイエリアビジョン」にて、IR誘致の復活の兆しを見せています。 ようやくIRに関する明確な記述が出てきたものの、大阪・和歌山・長崎の先導グループが2024年の開業を目指していることを踏まえると、スピード感としては劣りますね。 現在のIR候補地について:まとめ […]

日本のスロットとオンラインカジノのスロットの違いは?

スロットは日本人にとっては身近で、お馴染みの娯楽の1つですよね。 オンラインカジノでも人気のゲームといえばスロットマシンになります。 ブラックジャックやルーレットなどは、ルールを知らないと少し手を出しづらいですが、スロットはコインを入れてボタンを押し、絵柄が揃えば配当がもらえるという、とっつき易い点が人気の理由の1つでしょう。 では、日本のスロットとカジノスロットの違いは一体なんなのでしょうか? それは「動く金額の大きさ」でしょう。 カジノスロットには一攫千金を狙う事が出来る「ジャックポット」というものが存在します。 過去には、何千万を超える『何億円』という金額が、ジャックポットで大当たりしたこともあります。 オンラインカジノスロットのジャックポットとは? 『ジャックポット』とは、海外のカジノなどでよく使われている言葉で「大当たり」を意味し、日本のスロットにはない超大当たりと言えるでしょう。 ジャックポットにも様々な種類のものがありますが、オンラインスロットでは「プログレッシブ・ジャックポット」というシステムが主流とされています。 これは世界中のプレイヤーが賭けてきた金額の一部が蓄積され、見事にジャックポットを引き当てたプレイヤーが、貯められてきた賞金を全て獲得する事が出来るシステムです。 これは各カジノ毎に貯められていくわけではありません。 カジノのおおもとが管理をし、どのカジノからプレイしても同じ金額のジャックポットになります。 過去には何千万を超える、「何億円」という金額が、ジャックポットで動いています。 金額が貯まっているカジノスロットをプレイするのも、1つの選択肢ですし、当てれば一攫千金も狙えます。 オンラインカジノスロットのボーナス オンラインカジノのスロットでは、日本のスロットとは違い、プレイヤーに多くのボーナスを提供しています。 多くのオンラインカジノではプレイヤー確保のために、色んなボーナスを用意しているのです。 ボーナスには様々な種類がありますが、代表的なものでは ・登録ボーナス ・入金額の○○%ボーナス ・入金不要で〇〇$ボーナス が挙げられます。 登録ボーナスは文字通り、プレイヤーが登録すると最初に獲得する事が出来る、一般的なボーナスです。 入金額の○○%ボーナスとは、例えば100%のボーナスだとします。オンラインカジノへ100ドルと入金すると、更に100ドルが貰える事になるのです。 オンラインカジノスロットの還元率 プレイヤーが賭けた金額全体から胴元の取り分を差し引いた、プレイヤーに配当として支払われる金額の割合の事を、「還元率」と呼びます。 この還元率は、全てのギャンブルに存在します。日本でも身近な競輪や競馬、パチンコ、パチスロも例外ではありません。 日本のスロットでの還元率は「80~85%程度」です。 それに対し、オンラインカジノのスロットは「還元率90%程度」で、カジノスロットの方が断然上です。中には還元率「99%」になる超高還元率スロットも存在します。 ですが、スロットにある「設定」はオンラインカジノのスロットには搭載されていません。 スロットでは、台によっては還元率を高く設定する事ができ、その分当たればスロットの方が還元率は高くなります。 しかし、平均で考えるとなると、やはりオンラインカジノのスロットの方が勝ちやすいと言えるでしょう。 スロットとカジノスロットが融合したスロットも登場している? 日本でもカジノが導入される事が決まり、インターネット上でプレイする、オンラインカジノのスロットゲームも、近年注目度が増しています。 ビデオスロットとも呼ばれており、アニメーションなども非常にクオリティが高く、プレイヤーも、飽きることなく楽しむことが出来ます。 続々とリリースされるカジノスロットの中、既存のスロットゲームと区別をつけるため、パズルゲームのようなスロット、一味違うボーナスゲームが搭載されているゲームも増えています。 そして、日本のスロットとオンラインカジノスロットが融合した、スロットゲームも登場しています。 それが「ハワイアンドリーム」と「バトルドワーフ」です。 やはり、海外産のスロットに馴染めないという方も多いと思います。 ですが、日本のスロットの「リプレイ」や連続の確立が異なる「7」も搭載されており、日本人の方にも親しみやすいスロットゲームになっています。 日本のスロットとオンラインカジノスロット:まとめ 今回は日本のスロットとオンラインカジノスロットの違いについて解説させて頂きました。 日本のスロットとは違い、大きな金額が動くジャックポットがある事がオンラインカジノスロットの大きな特徴です。 またゲーム性も日本のスロットのような目押しの技術などはいらないですが、その分どの台を選ぶかが楽しみになりますね。 […]

オンラインカジノの税金ってどうなってるの?支払い義務があるのか調査

オンラインカジノの税金ってどうなってるの? オンラインカジノは還元率が他のギャンブルに比べ高いため、思わぬ収入が得られるかもしれないギャンブルです! でももし配当を手にした時って税金はどうするの?払わなくていいの?等気になりますよね。 今回はオンラインカジノの税金について調査! なかなか機会がないと税金についてしらないと思うのでこの機会に一緒にお勉強しましょう! オンラインカジノって何の分類に入るの? コロナの影響もあり、外出自粛ムードの2020年。。 なかなか外に出かけられないのはそれだけでストレスですよね! そんな中、家の中でも楽しめるオンラインカジノは大人気! PC、タブレット、スマートフォンと通信環境さえあればどこでも気軽に始められるので、利用者も増えています。 最初は軽い気持ちで初めて見たけど、楽しくなって毎日ログインしている人も多いのではないでしょうか。 更に小額から始められるのでゲーム感覚でできるのも魅力ですよね。 過去にはスロットのジャックポットが当たり、日本円にして20億円以上が当たったこともあります! 家で遊んでいていきなり20億円が入ってきたら発狂したくなりますね! さて、ここで一つ疑問が出てきます。 果たして税金はかからないのか?ということです。 これはオンラインカジノであったた賞金は何に分類されるのかによって変わってきます。 配当は「一時所得」に分類されます。 一時所得に対する定義は「営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得」となっています。 つまり、お給料や会社を経営して得た利益ではなく、突発的に得た収入に分類され課税の対象となります! 国税庁からの資料を見てみると以下のような表記があります。 懸賞や福引きの賞金品(業務に関して受けるものを除く) 競馬や競輪の払戻金 生命保険の一時金(業務に関して受けるものを除く)や損害保険の満期返戻金等 法人から贈与された金品(業務に関して受けるもの、継続的に受けるものは除く) 遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等 オンラインカジノの配当はこの1.2に当てはまります。 その為、税金を払わないといけないのです。 オンラインカジノの税金の種類・支払い方 折角手にした配当から税金を貰っていかれるなんてなんとなく不服ですよね。。 でもしっかり申請しないと脱税になってしまいます。 また申告が必要ない時もあるのでこの項目でしっかり押さえましょう! まず、オンラインカジノで得た配当は必ず履歴に残ります。 なぜなら出金方法が電子決済サービスになり、口座にお金が入るようになるためです。 実は競馬などはその場で現金でもらうので履歴が残りません。 ですので税金を払わなくてもスルーされることが多いのです(本当はしっかり申請して払わなければならないのですが、グレーゾーンになっています) 対して、前述したようにオンラインカジノは全て履歴に残ってしますので、必ず確定申告をして納税するようにしましょう! さて、一時所得ですが以下の2点に注意が必要です。 一時所得は最大50万円までの特別控除がある 給与等以外の所得が20万円以下の場合は申告不要 まずこれを確認すると20万以下の場合は申告不要!ですね! ですのでこれはしっかりメモしておきましょう。 また最大50万円までの特別控除については計算方法があります・ 一時所得 = […]