職場で出会いがない

男ばかりの職場や環境で、まったく出会いが無い・・・

モテたいと思うが、女性が周りにいない・・・

落としたいと思うような美女が近くにいない・・・

男性であれば、多くの人が思っているはずです。

しかし、そう悩む男性の多くは

その悩みを解決しようとしていません。

あなたはどうですか?

今のあなたは、

誰もが羨むような女性を彼女に出来ていますか?

毎日、美女と出会いを作れていますか?

何もしなくても、モテていて、美人の彼女がいるのであれば

今からお話する内容は、あなたには関係の無いことです。

しかし、

美人どころか、彼女もいない・・・

モテるどころか、周りに女性がいない・・・

そして、そんな状況を変えたい!と強く思っているのであれば、

私があなたに、

その自分自身を変えるきっかけを授けたいと思います。

それはセフレを作って、とにかく出会いを促進することかと思います。
http://deaitokuhou.com

『あやしい・・・』

『美味い話しで騙そうとしているんじゃ?』

あなたは今、こう思っているのではないでしょうか?

確かに、信じ難い話かもしれません。

しかし私は、無理に【信じろ】とは言いません。

信じれない方は、今の現状のままでいればいいでしょう。

起業をするときの私財

起業をするとき、私財を全て投げ出すことはあまり良いことではない。
起業は基本的に他人の金でやるべきです。
家庭を守るためのお金は使うべきではないのです。
ただし、ここぞというときに大勝負に出ないといけないタイプもいます。

起業して、3年間は上手く行かなくてもただひたすら頑張ること。
運気というものは、だいたいは3年後から動くのです。
だからこそ、3年間の生活を支えるだけのお金は残しておくべきなんです。

そしてその3年間は、無駄をしないようにすること。
自分は社長ではなく、雇われていると言う意識で働くこと。
可能な限り、人との出会いを作り、人脈を拡げること。

これが運命学的に、良いとされる考え方です。

私の知り合いの結城洲央さんはこの方法で多くの会社を起業させました。

なぜ3年かというと、
そのくらいの期間、仕事をやっていると、
善し悪しが見えて来るので、
どういう方向転換をすればいいのか、
継続するべきかどうか、
時代に合っているのかどうか、
自分に合っているのかどうかが、
判って来るものなんです。

それから改めて方向性を考えても遅くないということです。

女の子と連絡先を交換した後の流れ

今日は、女の子と連絡先を交換した直後に、どう対応するかを解説します。

基本的なことですが、できていない点がないか、復習していきましょう。

まず最初に大事なことは、

「連絡先を交換して、時間がたつほど会いにくくなる」

ということです。

男と女で、温度差があると思っておいてください。

かわいい子と連絡交換できたら、嬉しいですよね。

毎日その子のことを考えるかもしれません。

ところが、相手の女の子はどうでしょうか?

同じくらいの熱心さで、こちらのことを考えてくれているでしょうか?

メールが来たときに、ちょっと思い出す程度、かもしれません。

2週間、1ヶ月と経ってしまうと、

「あれ、誰だっけ?」

と、半分忘れられてしまっている可能性もあります。

なので、できれば速くもう一度会おう、という意識でいてください。

理想は、連絡交換のときに、2~3日後の会う予定を決めてしまえれば、最高です。

といっても、すぐに会える子ばかりではないですよね。

あまりがっつくと、かえって引いてしまうタイプの子もいます。

ひとつのテクニックですが、女の子の連絡先を、電話帳のフォルダで分けましょう。

どういうわけ方がいいかというと、

フォルダ1は、

「マメに連絡を入れる子」

です。

フォルダ1には、

・連絡交換直後の子

・反応がいい子

・近いうちに会えそうな子

を入れます。

フォルダ2は、

「定期的に連絡を入れる子」

です。

フォルダ2は、

・すぐには会えない感じの子

・メールの返信がない子

を入れます。

この分けかた、オススメですよ。

フォルダ1は、毎日見るようにして、

特にマメに連絡を入れます。

フォルダ2の子には、

週に1回程度、雑談のメールを送ります。

こんな感じで管理すると、やりやすいですよ。

それからもうひとつ、連絡先を聞いた直後に、1通目のメールを送りますよね。

これは大事なので、必ずやってください。

印象を強く残すためにも、連絡交換の直後は、マメに連絡を入れましょう。

連絡交換直後の、1通目のメールの内容ですが、

「会話の続き」

のイメージで、書いてみてください。

話しているとき、盛り上がった会話がありますよね。

学校の話しでも、仕事の話しでも、

女の子が反応強かったところをからめて、1通目のメールを書きます。

女の子も思い出しやすいですし、返信しやすいです。

で、1通目のメールで気をつけてほしいのは、

「返信がこなくても、あきらめない」

ということです。

すごくよくあるのは、

「メール送ったんですが、返信こなかったです。

かわいい子だったのに、残念です・・・」

という間違いです。

これ、もったいないですよ。

返信がこないから、といって、立て続けに何通も送るのはNGです。

かといって、1通目の返信がないから、そこであきらめる、というのはあきらめが良すぎます。

大丈夫です、うまく会えるケースは普通にありますよ。

1通目の返信がない子には、次の日にもう1通送ります。

それでも返信がなければ、2~3日あけて、もう1通送ります。

そして、先ほどのフォルダ2に入れます。

フォルダ2は、

「定期的に連絡を入れる子」

でしたね。

メールの返信がない子は、このフォルダ2に入れておいて、

週に1回、雑談のメールを送ります。

返信がきて、反応がよければ、フォルダ1に戻して、マメに連絡をとります。

ざっとご説明しましたが、こんな感じでルールをつくって、やってみてください。

良くないのは、

「何もルールを決めず、1人1人の子に、なんとなく対応している」

というやり方です。

これだと、1人の子だけにやたらと集中してしまったり、

少し女の子の数が増えたら、手がまわらなくなって混乱したり、

ということになってしまいます。

今日お伝えしたことは、けっこう大事ですよ。

「女の子をフォルダ分けして管理する」

なんていうと、冷たい気がするかもしれませんが、

女の子と出会う活動を続けていくと、こういうルール化がとても効果があるのを実感するはずです。

会話が下手だと思っている

会話が下手だと思っている人が陥っている
罠があります。

あなたが、今、俺は会話が下手だから
女性と、うまく話ができない。

そう思っているかもしれません。
そこで、会話が上手くなるための方法を
学んだり、何か雑学といったものや
女性誌を読んだりして、女性の興味を
持っている情報を、持つようにするかも
しれません。

もちろん、こういった事を無駄だというつもり
はありません。
むしろ、積極的にやっていって欲しいとも
思います。

しかし、あなたが女性と上手く会話ができない
のは、本当に、会話が下手だからでしょうか。

女性との会話を、良くするための
“大前提”というものがあって、これを外すと
どんなに会話が上手だとしても、思ったような
会話ができないという点があります。

実際に、会話が上手くなくて、困っている。
と言われている男性が、女性とどういった
会話をしているのかを見ると

あまりに多くの割合で、この“大前提”
が、完全に外れてしまっているのです。

極端な話、中学生レベルの会話ができれば
それなりに、女性との会話は、楽しめます。
それは、この“大前提”が成立している事が
条件です。

そのため、女性との会話に問題を抱えている
と思っている人は、インターネット出会いなどで、まずは、この大前提
が抜けているという事実を受け止める必要が
あると思っています。

その前に、この“大前提とは、何か?”
を知ってもらう必要が、何よりも大切です。

これを知ってもらう事で、自分はこんなに
重要な事を意識できていなかった。

それでは、女性との会話が上手く行かなくても
仕方ないと思えるぐらいに重要な点だったりします。